マンションを貸す場合の税金の申告について

具体的な金額は・・・

 はじめに物件を買った代金は、売買契約書を基に、土地の値段と建物の値段に分離しました。
具体的には、買った値段は3200万円だったのですが、契約書に、”消費税100万円を含む”との注記があり、土地には消費税がかからないので、建物の値段を100万円÷8%=1250万円(消費税込み1350万円)と計算し、土地代金は残りの1850万円となります。
 なぜこんな計算が必要かを調べたら、土地の価値は使用によって減らないという考え方から、土地の取得代金は経費にならない一方、建物の代金は耐用年数で減価償却費を計上するためでした。
 経営では、実際のお金の流れと、利益=税金の課税対象となる所得の計算は違うということは何となく聞いていましたが、賃貸経営を始めてその意味を実感しました。
 毎月、家賃収入が10万円あり、その中から管理費と修繕積立金、約1万8千円を支払い、返済が8万円あるので、ほぼ残りはありませんが、不足することもありません。
後は、年4回に分けて納付する固定資産税だけをポケットマネーから出せば、いずれは自分のものになると思うとはりあいも出てきます。
一方、所得の計算上は、返済8万円のうち、必要経費になるのは利息の1万円弱で、残りの約7万円は元金の返済です。
元金の返済は必要経費にならない反面、建物の代金1350万円は、耐用年数(法律で決まっていて、鉄骨鉄筋の場合は47年)で減価償却することができます。

マンション投資の広告が目につきました / 具体的な金額は・・・ / 始めてよかったと思っています

マンション貸す.com賃貸(マンション・アパート)物件情報・お部屋探し|賃貸すまいらんど